Profile

ヘルシーボディトレーナー 中原 由美

中原 由美(なかはら ゆみ)

ヘルシーボディトレーナー

ダンサー

スポーツ科学修士

 

新潟県南魚沼市出身。

 日本女子体育大学 舞踊学専攻 卒業

日本女子体育大学大学院 スポーツ科学研究科 修了

 

千葉県木更津市在住

長女5歳、長男1歳の2児の母。

 

=====略歴=====

 

4歳でモダンバレエを始める。
スタジオになじめず、10歳で挫折。
中学生になり、新体操部に入部。

部長をやったり、演技構成を考えたりしていたらダンスの芽が開花。
高校生でクラシックバレエとジャズダンスを始める。
大学でもっとダンスを極めたい!とダンス専攻のある大学へ進学。
4年間、様々なダンスに浸り、ダンス漬けで過ごす。

万年ダイエッターであり、一年で体重が10キロ増減するのが当たり前の生活を送る。



卒業後は、学童保育の指導員をしつつ、

週末キッズダンスのインストラクターをして過ごす。

 

子供たちと思い切り体を動かし、自然に触れ、日々の幸せを感じる生活の中で、

自分のライフスタイルと体型を見直し、

健康的で持続可能な体つくりの重要性に目覚める。

結果、半年で自然にマイナス20キロ減量に成功。

 

以後、妊娠・出産以外の期間およそ7年、リバウンドも体型の崩れも一切なし!

 

学童保育の仕事を辞める際には、

1年生〜5年生まで総勢50人によるダンス発表会を企画、運営、振付け、ダンス指導、出演をこなし、大いに喝采を得る。

たくさんの可愛い顔に後ろ髪を引かれつつも、

ある児童の「由美は将来何になりたいの?」という素朴な質問をきっかけに、

【ダンスを社会の中でより身近なものにしたい!】と決意し、大学院へ進学。


大学院でもダンスを専攻。

研究テーマはダンス(民俗舞踊、盆踊り)を使った地域おこしと、

ダンスの可能性について。

修士論文は「からす踊りの伝承に関する一考察」。

保健体育の専修免許も取得。


修了後一年間、同大学にダンス専攻の助手として在籍。

体育教師を目指す学生のためのダンス指導法などを担当し、超多忙な助手業務を遂行。

助手業務のマニュアル化にも着手し、後進の一助とする。

 

その後、高齢者介護予防運動の指導や、

高齢者介護施設でのミニダンスショーの企画、運営、出演などを仕事とする。


保育、教育、福祉の現場を、ダンスを軸に渡り歩き、己の道を模索し続ける。
社会に出て、さらにダンスの癒し効果を実感し、

ペアで踊るサルサダンスの魅力にハマる。

 

その後、
結婚、妊娠、出産、育児と怒濤のライフイベントを一気にかけぬけ、

妊娠・出産・産後の体の変化に愕然とする。

 

産後6ヶ月をかけて、ゆっくりと自分の体と再度向き合い、

本当に健康的な体つくりの大切さを痛感。

 

『ダンスの技術や専門知識を使って、美と健康のためのお手伝いをする』ことに自分の使命を感じる。

ようやく見つけた使命を全うすべく、『一生ものの健やかで心地良い身体作り』をオリジナルプログラムを使って発信中。

 

 


==============

 

 

 みなさん、こんにちは!

 

 

ヘルシーボディトレーナーの中原由美です。

 


ここ数年を振り返ると、結婚、妊娠、出産、育児、と大きなライフイベントが

次々とやってくる数年間でした。

 


その中でも、特に、出産時、出産後の自身の身体の変化には、

目を見張る驚きの連続でした。


もちろん、自分の外の世界には、赤子という驚異の存在がいるのですが。。

忙殺極まる育児の中で深く考えさせられたのは、

産後の身体をどうメンテナンスしていったら良いか?ということでした。

 

さらには、赤子を連れて、気軽に動ける場など皆無。

これでは、産後の身体をケアしようにも、

環境が未整備すぎる、、、と痛感しました。

 


出産を経験したお母さんにしか分からない体の変化の感覚、

たしかに存在していました。

 

身体はグラグラ、心もグラグラ。

揺れて乱れる自分の心と身体に、不安を覚える事もしばしば。

 

この時期、どことなく不調、、、という身体のSOSも、

育児の多忙さに追われて、

見逃しがちになっていました。

 

 

全てにおいて手がかかる我が子の世話が最優先され、

自分の身体は、ついつい後回しに。。。

 

 

 

これは、ママの皆さんには共感されることが多いのではと思いますが。。。

 

 



しかし、あるちょっとした気づきをきっかけに、

 

ダルくなっていく身体と、無気力になっていく心を引きずっていって、

行き着く先は、私の未来は、どうなるのか??

このままではいかん!!!!と一念発起。

 

 

 

『ゆっくりでも良い。自分の身体をこの際出産前より綺麗にしてやる!』

 

と、覚悟を決めて、

 

産後6か月ごろから、本格的に自分の身体をケアすることを始めました。

 

自分のこれまでのダンス、運動、インストラクターの経験、

スポーツ科学の専門知識、持てる全てを駆使して!!

ありとあらゆることを、自分の身体を使って試しました。

 

 

現在、当時あかちゃんだった娘は5歳を過ぎ、

長男が生まれて一年が過ぎました。

 

 

2回目の出産を終えて、今、この時期の身体のケアの仕方次第で、

その後のお母さん達の輝きが違ってくる!と実感しています。

 

今回の出産後の経過は、自分でも180度、前回とは違うのもになっていて、

本当に、元気なママになったな〜なんて、自分でも驚いています。

 

 

そして、自分が試した中で、最も効率的で重要なポイントになる部分を抽出し、

産後ケアのプログラムを体系立てて完成させ、

この2年半でのべ500人以上のママが産後ケアを受講してくれています。

 

もっともっと、

産後ケアの正しい知識と必要性、重要性を広く発信していかなければ!と

今また強く思っています。

 

 

過去、私のレッスンや講座を受講いただいたみなさんからは、

たくさんの喜びの声をいただいています。

●体に注意を向けられるようになった。

●セルフケアが好きになった。(本質を理解できた)

●痩せた!

●体脂肪率が落ちて肥満から脱却した!

●12キロ減量に成功!

●痛みが消えた!

●生理痛が消えた!

●PMSがなくなった!

●生理周期が安定した!

●便秘が解消した!

●自分の体が好きになった!

●一生ものの知識を知れた!

●自分のペースで他に惑わされずにセルフダイエットが継続できている!

 

などなど、本当に素敵な変化が起こっています。

 

 

この先、私がみなさんの先導者としてお伝えしていくのは、

10年先も50年先も、

ご自分の体をご自分でコントロールして守っていくための

知識とスキルです。

 

一生ものの体の基礎知識を学び、セルフコントロールのスキルを磨いて、

 

変わりゆく激動の時代でも、

 

私たちの最大にして最愛の資産である自分たちの「体」を守れる人を増やしていきたい。

 

 

健やかである事。

これって、人生を楽しむ上で、最高にご機嫌な要素です。

 

 

ママが健康で美しく、いきいきと毎日を送れていれば、

世界はもっともっと、優しく心地よいものになるはず。

 

 

 

私だけではなく、周りのママさん、

そして、世の中のすべての女性が、

 

産後の身体や、

ひいては自分のカラダについてより良く知って、

自らの身体に興味を持ち、

長い人生を、より健康に、美しく、たくましく、

しなやかに生きていける基礎体力を身につけたい!

 

そんな気持ちを持ってもらえたらいいな!

 

本当に心からそう願っています。

世の中に、少しでも役立ててもらえるような情報が発信できれば、

わたしの生きてる価値も上がるってモノ!!そう強く思っています。


これからも、どうぞ、宜しお願い致します。

 


中原由美のFacebookはこちら!

お気軽に、メッセージくださいませ♪

お友達申請も大歓迎!(一言、メッセージ下さいね♪)

 U.MI'S DANCE WORKS 代表  海のスタジオ 主宰

中原 由美